包茎お悩み解消バイブル|治療方法と手術の費用

包茎は手術したほうが良いのか?

どのような包茎は手術したほうが良いのでしょうか?包茎と言っても種類があるため、包茎によっては手術しなくても良いケースがある事を知っておいて下さい。包茎は真性包茎仮性包茎・カントン包茎の3種類に大きく分類することができます。
真性包茎とは亀頭が全て皮で覆われている状態で、勃起しても亀頭が露出しません。そのままだと皮の中に雑菌が繁殖しやすく、感染症や性病にもなりやすいため手術をする必要があります。また、真性包茎でもまったく亀頭が出ないタイプ・皮の出口が多少空いているタイプ、亀頭と皮が癒着しているタイプに分けられます。
仮性包茎とは勃起する前は亀頭が皮に覆われている状態ですが、勃起すれば亀頭が露出する事ができ、真性包茎のようなリスクはありません。仮性包茎は自分で皮の中を清潔に保てばよく、手術する必要はありません。ただし、見た目のコンプレックスがあるなら手術しても良いでしょう。
カントン包茎は仮性包茎の一種なのですが、皮の入り口がとても狭く亀頭が露出すると戻せなくなってしまいます。勃起した時に圧迫されて壊死する事もあるため、手術は早めに行ったほうが良いタイプです。今まで気が付かなくても、セックスによってこのような状態になれば緊急手術を行う事もあります。