包茎手術の安全性は?

包茎手術の安全性は?

包茎手術は安全性は高いと言われています。皮の部分の処置を行うのみで、機能に影響は無いため特に心配する必要はありません。ただし、メスを入れるため傷跡が残ったり、縫い合わせた所の境目の色が変ってしまう恐れはあります。できるだけ傷跡が目立たない手術方法を行ってくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。ペニス自体の機能が落ちてしまう事はまずなく、表面部分のみを多少いじると考えておくと良いです。
また、包茎手術は麻酔を行なうため、今まで麻酔を行なって問題が出たことがある方は慎重に行なってください。局所麻酔を行い、全身麻酔は行なわないのでほとんどの方は問題なく利用することができます。麻酔薬に関してアレルギーをお持ちの方、元々アレルギーがあり心配な方は麻酔科医が居る専門の医療機関を利用すると安心です。今まで歯の治療で麻酔を使用し、問題が無ければ包茎手術の麻酔も問題が無いでしょう。
その他、包茎手術によって副作用を心配される方も居ると思います。縫合部分の処置が悪いと、痒みが起こったり皮膚がつれるような感じがすることがあります。経験の高い医師の下手術を行えばめったに起こることではありません。ただし、術後の管理を不摂生にしてしまうと、感染症などが起こるリスクはあるので注意しましょう。