包茎手術の痛みとは

包茎手術の痛みとは

包茎手術は局所麻酔を行なうため、痛みはほとんど感じる事はありません。麻酔を打つ際にちょっと痛かったり、術後に多少痛みはありますが、我慢できない痛みではありません。万が一麻酔の効きが悪い場合では遠慮なく申し出れば、麻酔を増量してくれることが多いです。また、歯の治療で麻酔が効きにくかったことがある場合は、事前に申し出る事で慎重に麻酔を行ってくれます。麻酔がほとんど効かなくて痛い思いをした経験があると、どうしても次も同じような痛みを感じてしまうと考えてしまう人も居ます。その場合は全身麻酔を選択する方法もあります。クリニックによっても利用できるかは変ってくるため、事前に確認したほうが安心です。大きな病院を選べば大抵全身麻酔にも対応しています。
麻酔は寝不足が続いたり、疲労があったりすると効きにくいことがあり、前日はゆっくりと休むようにしてください。しかし、効きにくいと言ってもまったく麻酔が効かないという人は聞いた事がありません。麻酔の量を増量すれば良いことで、我慢できないほどの痛みを感じる事は無いでしょう。
術後は傷があるため多少の痛みが出てしまいます。痛み止めを服用し患部を安静に保てば、数日ほどで痛みは引いてきます。